未分類

中学数学の裏技!円錐の表面積を“10秒”で求める方法

更新日:


どうも!taraです!

最近暑くなってきましたね…

勘弁してほしいものです(笑)



って余談は置いておいて、、、

突然ですが、問題です!

この図形の表面積を求めてください。

どうでしょうか?

これは中学1年生の「空間図形」という範囲の

内容です。


なお、
『円錐の表面積の求め方』
で悩んでいる方は
↓こちらをご参照ください↓



おそらく、この記事を見ているほとんどの人が

・解けなかった人

・解けたけど時間がかかった人

だと思います。

しかしながら、

ある公式を活用することによって、

この問題は10秒で解くことができます。

そして、今後もこの手の問題で詰まることもないでしょう。

ですが、これを活用しない限りは現状は変わらないです。

もしも受験でこの手の問題が出てきても、

あなたは解くことができないでしょう。

そして、その間違えのせいで不合格…

なんてこともあるかもしれません。


そうはなりたくないですよね?






では、その”ある公式”とは何なのか…?

それは、

”ボハンパイ”

です。

「なんだそれ・・・?」

そう思ったそこのあなた!

安心してください。

今からわかりやすく説明します。

円錐の側面積】
=ボハンパイ
=母×半×π
=母線×半径×π(円周率)

これだけです。

どうでしょう?

すごい簡単ですよね!

では、実際に公式を用いて上の問題を

解いてみましょう。






↓ 答え ↓

表面積=底面積+側面積

底面積=半径×半径×π

     =3×3×π

          =9π (㎠)

側面積=母線×半径×π

     =9×3×π

     =27π (㎠)

表面積=9π+27π

   =36π (㎠)

以上です!

めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

以上のように、、「円錐の表面積」の問題は

公式1つでとても簡単になります。

それでは今すぐ上の円錐の表面積を

”ボハンパイ”を用いて求めてみましょう!





今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

-未分類

Copyright© tara Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.